まだ無名の風景たち

そしてその情景

風邪を引いた日、そして思い込みの強さ

 

こんにちは。

突然ですが、「〜せねばならない」という思い込みというのは強いものですね。

 

1週間位前のことでしょうか、
天候がおかしくて(2週間位ずっと曇りだった)、それに仕事が嫌で嫌でたまらなくて、
わたしは風邪を引いてしまいました。

 

朝目が覚めたとき、会社行こうかどうか悩みました。
というのも、その日はプログラムのレビューがあって、
それには出たほうが良いのではないかと思ったからでした。

 

(会社に行かなければ・・・)
わたしは頭の中でそう思っていました。それに、
(もし休んだら、「あいつは逃げたね」って会社で言われるんだろうな・・・)
などと勝手な連想もしていました。

 

でも、体は正直です。
喉が痛くなって、咳が出始め、関節痛がし、熱っぽくなる。
いつものパターンでした。

(ほんとうに風邪を引いているのだから、それを言い訳にして休んでも良いだろう・・・)
わたしは自分にそう言い聞かせました。そして、
(ええい、休んでしまえ!)
と腹をくくって、会社に連絡を入れました。

 

わたしはごろんと布団に横になって、静かになった部屋の中でひとり考えました。
(ほんとうに休んでいいんだよ。風邪引いているんだし・・)
そう自分に言い聞かせて、眠りに落ちました。

 

この日は金曜日だったので、わたしは3連休できることになりました。
3連休のあいだで、わたしは風邪を治すことができました。

 

***** 


あとになって思うと、
わたしは、あのとき休めて本当に良かったなと思うのです。
あの3日間があったことで、
いや、あの1日があったことで、精神的にすごく楽になったのです。

 

どうやら、わたしは会社を休むのに、
わたしを監視しているわたしを納得させる必要があったのです。

 

わたし:「会社を休みたいのですが・・・」
監視しているわたし:「なぜだね?」
わたし:「仕事がきついです・・・」
監視しているわたし:「それは怠慢ではないか?逃げようと思っていないか?」
わたし:「・・・」

 

わたし:「会社を休みたいのですが・・・」
監視しているわたし:「なぜだね?」
わたし:「風邪を引いてだるいです・・・」
監視しているわたし:「たしかに風邪を引いているようだな・・・。わたしも体がだるいよ・・・。仕方あるまい」


わたしを監視しているわたしというのは、
わたしの外部にある世の中の規範、道徳、倫理といったものが、
わたしの中に内面化されたものです。

 

わたしは、そのわたしを監視しているわたしと対立している状態にあったのです。
「会社に行きたくない」というわたしと、「会社に行かなければならない」というわたしが、対立していたのです。

 

そして、その解決策として、わたしは風邪を引いたのではないかと。
わたしとわたしを監視しているわたしは風邪を引くことによって、
ようやく利害が一致し、「休む」ことができたのです。


*****

 

あまりにもつらいとき、苦しいときは、
環境を変えてしまうのがいちばんです。

 

けれど、いざ逃げようとするとき、
逃げたくても逃げさせてくれないのは、実は自分自身なのかもしれませんね。

 

強い思い込みがあなた自身を束縛していませんか?

 もっと楽して良いのかも、もっと自分で選択して良いのかも。

ではでは。

 

Citrixでエクセルがフリーズする現象

 

Citrix上で利用するプログラムを作っています。

 

DBから読み込んだ値をエクセルに吐き出し、任意のパスに保存。

その後、その保存したエクセルを表示するというプログラムなのですが、エクセルの表示がうまくいかない。

むちゃくちゃ立ち上がるのが遅くて、フリーズしているように見える。

 

どうやってエクセルを立ち上げているかというと、

Process.Start("保存したエクセルのパス" )

という至極単純なもの。

 

ただこれだとダメだったので、次のように書き換えることでうまくいった。

Process.Start("エクセルの実行ファイルのパス","保存したエクセルのパス")

 Process.Startの第一引数にエクセルの実行ファイルを指定してあげて、第二引数に立ち上げたいエクセルファイルを指定してあげる。

 

エクセルの実行ファイルがどのパスにインストールされているかは、

Dim xlApp as Excel.Application

 xlApp.Path

で取得できる。

 

失恋した

失恋した。僕の人生の中で一番惹かれた人だった。その人の存在は僕の心奥深くまでやってきた。気が付いたら、好きだった。休日でもその人のことを考えるくらいだった。声が聞きたい、顔が見たい。本気でこんなこと思うなんて、こんなに他人のことを深く求めるなんて、今まで生きてきて初めてだった。僕は今まで人を好きになる、本気で好きなるということがなかったのかもしれない。
そして今回このようなことが起きた。こんな女性今まで会ったことないよ、というような女性だった。僕の考えていることすべて見通しているような、そんな女性だった。人の状態を察する観察する能力がびっくりするくらい秀でていて、人の小さな変化でも気づく人だった。他人と距離を置いてしまう自分が、この女性前ではまったくなくて、むしろ近づきたかった。女性の方から僕のそばに来てくれるとうれしかった。
僕は、寝ても覚めてもその人の存在が頭から離れず、テレビ見ても、ゲームやっても全然ダメで、すぐ飽きてしまった。スマホいじっても、ランニングとかして無理やり体を疲れさせても、効果はなかった。
彼女を食事に誘った。一緒にいろいろ話したりした。過去のこと、これからのこと、いろいろ話した。でも、最後は優しく遠回しに断られた。彼女は僕の好意がわかっていた。彼女はそれを察していた。僕の考えは見透かされていた。彼女には長くお付き合いしている男性がいた。歳も相当離れているらしく、おそらく裕福だった。トイレで泣いた。二十代になって泣いたことなんてあったっけ?最近は仕事が忙しすぎ、土曜日も会社に出るなんてことをしていて、そんな僕の心の秘かな拠り所は彼女だけだった。そして仕事が一段落したと思った矢先、僕は心の拠り所を失ってしまった。仕事のダメージは予想以上に尾を引き、彼女からは優しく拒否された。泣いたのは久しぶりだった。そして僕の精神は今までにないくらいに疲弊している。今にも崩れ落ちそうなくらい。どうしようもなく現実に打ちのめされている。亡霊のように日々を生きよう。そして時が僕の心を癒し、鍛練してくれることを今はただただ願うことしかできない。今はもう、力が出ない。

もし、今の僕に救いがあるとすれば、願わくば僕と同じような気持ちになった人の慰めになりますように。生きる活力が沸いてきますように。